土曜, 10 11月 2012 21:05

人の意識の力

40年前の調査で、意識を放つと磁気に影響することがわかったそうです。
20年前から私達の意識が集まるとどうなるかが研究されているそうです。

1つの実験があるのですが、
2009年にスリランカの内戦が起こった時、全世界から18000人の人がスリランカが平和になるように心からお祈りをしました。
祈った直後に死者数75%減、負傷者数48%減少になり、祈った後も続きました。
祈りをやめると、死者数、負傷者数は途端に増えたそうです。

このことからも、私達が思う以上に意識の力は絶大なんですよね。

また、10年前から地球の磁場を研究している米国研究チームが、9.11や3.11、ダイアナ妃が亡くなった時などに
地球の磁場が変容した事を確認しているそうです。

意識の力が集まってくると、地球全体を変容させる力があるということですよね。

私達の極限の世界、量子は、私達が意識をもって観察したら収縮して、見ると、もう変化しているそうです。
科学の世界では、物質はゼリー状と言われていて、私達の思いで変化して、植物もこたえ、水もかわり、ものもかわるということです。

自分が感じる事、起こる事は、全て自分自身がつくりだしているということですよね。

ちなみに、私がやっているシータヒーリングも、存在の根源のエネルギーをクライアントが受けるその瞬間をプラクティショナーが目撃し、目撃者のエネルギーが加わると、エネルギーが変化して強力な癒しパワーとなり、瞬時にヒーリングが行われるというものです。

普段私達が何気に思っている相手への感情やものに対しても、それは目に見えなくても、何か相手を変容させる力になっているんだと思います。
自分にも相手にもみんなが幸せでいられる思いやりの感情で、日々過ごせるようにしたいですね。
ひょっとして目に見えないものが、全てを動かしているのかもしれません。


このブログは、ドキュメンタリー映画「祈り~サムシンググレートとの対話」の映画監督、白鳥哲さんが言われていたことを元に、私なりの感想を付け加え、まとめさせていただきました。

読む 2635
このカテゴリの詳細: « 笑うのはいい!